スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年度

平成25年4月7日(日)
春が巡ってきました。昨年度は境界問題ADRから少し距離をおいた分野である臨床心理、臨床心理面接、カウンセリング等の分野について学びました。今年度もひきつづき学んでいきながらADRセンターの相談員・調停員候補者の仲間とも語り合う時間を持ちたいと思っています。






スポンサーサイト

九州ADR研修

平成24年3月12日(月)
土地家屋調査士会九州ブロック協議会では先週土日和田直人先生(静岡大学LS准教授)によるADR研修が福岡で行われた模様です(沖縄会大屋さんの情報)

関連ブログ 大分県土地家屋調査士会会長ブログ



その後の歌麿

平成24年3月9日(金)
津地方法務局を退官された方のブログ。

津地方法務局を退職した昭和期の歌麿が、法務局の登記制度、司法書士、土地家屋調査士、その他、世情の諸々の事柄について思いつくままに発信し候。
その後の歌麿

土地家屋調査士・司法書士についても述べておられる。猫好きの方らしい・・・・。

無料相談

平成24年3月5日(月)
静岡境界紛争解決センターは平成22年9月15日ADR法による認証取得後も無料相談を月に1回センターで行ってきましたが今年度をもって終了することに決しました。
これからは、本会社会事業部の尽力によって今までセンターで行っていた無料相談は法務局において筆界特定室と合同でセンターから相談員(2名)を出張させることとになります。筆界特定室と合同で開催することにより筆界特定・ADRあるいは双方になじむ案件の相談が一会場で行うことができることになります。相談の予約受付も筆界特定室・センターで行い事前に受付状況を通知しあうこととしています。
今まで、センターの相談は静岡市にあるセンター一箇所だけでしたが将来は筆界特定室だけでなく沼津や浜松支局でも行うことができるようになれば一層利便性も向上することと思います。



ことば②

平成23年6月30日(木)
紛争を形成している思いや記憶はことばにすると(言語化)とたんに脆弱になると述べました。
それは民間調停の事前相談や申立理由を書くときにもしばしば起こります。自分の思いを充分に言語化することができないいらだち(ふがいなさ)とともに自らの思いを再認識するとともに自身の内面と向き合う機会にもなり得る場面だと思います。
紛争当事者がお互いの思いを言語化することによって解決を目指す姿勢が「話し合い」ということだと思います。


続きを読む

プロフィール

宮澤正規

Author:宮澤正規

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。