スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変化の時

平成22年3月31日(木)
いま社会が「おまかせ依存型」から「参加自立型」へと変化していることをいろいろな場面で感じておられると思います。
「受動的生き方」から「能動的生き方」への変化ともいえると思います。それは土地家屋調査士通常業務でもクライアントに対する業務の適切な遂行は当然ですが説明責任(アカウンタビリティー)、法令順守(コンプライアンス)などが以前にもまして求められています。
TV・新聞などの一方通行のマスメディアから離れ、ネットによる必要な情報の獲得へあるいはブログ、Twitterなどを通して小さいながら自ら情報を発信する側になることも可能になりました。
旧来の権威ある方のお話を拝聴する時代(もちろん外部の方のお話を伺うことの重要性を否定するものではありませんが)から、「会員の会員による会員のための研修」への移行は「問題解決方法は当事者の頭の中にあり当事者が一番知っている」というメディエーションの考え方のひとつの実践であり土地家屋調査士会の「私的自治」に向けた運動の始まりとも捉えることができると思います。



スポンサーサイト
プロフィール

宮澤正規

Author:宮澤正規

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。