スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強制会②

平成22年6月30日(水)
「強制」する(旅行・球技大会)会として会員に思われている土地家屋調査士会(全国50会ある地方組織)の果たすべき事務はオンラインによって省略できるのではないかと言う議論の延長上にあると思う。
入会手続きに関して言えば、現在入会希望者→支部→本会→連合会というベクトルであるが入会希望者→連合会(オンライン)でよいのではないのだろうか。
土地家屋調査士事務所の要件は「鍵のかかる書庫のあるなし」以外にないと聞いています。すでに形骸化している入会基準(事務所基準)をチェックする必要(実質的な)もないと思います。事前規制が事後規制へと重心を移し変貌しつつある数少ない「強制会」だと思います。「誰でも入会できます(事前規制はほとんどありません)がその後のこと(事後規制については自己責任ですよ)については土地家屋調査士会は一切責任を持ちません」といったスタンスをとる「強制会」だと思います。
補助者の移動など実質確認していないのだから支部長を経由する必要があるのだろうかとも思います。たぶん誰も現在土地家屋調査士会がすでに「強制会」(入会基準すら形骸化しているのだから)であるとは考えていないと思います。
なぜならば、「強制会」であるにも関わらず入会基準の形骸化と会員のクオリティーについても責任を取ることが出来ない現実を見れば当然だと思います。


スポンサーサイト
プロフィール

宮澤正規

Author:宮澤正規

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。