スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感

平成22年7月27日(火)
「総合診療」は、非常に大切な分野であるが、中小零細病院などでは経営的に成り立たない現在の報酬体系であるといわれている。
したがって大きな国立大学法人病院に設置が始まった状況であると言う。
つまり、患者が「主体性をもって語る」ことができる空間の確保にはやはり財源が必要だということである。
医療に限らずADRの分野においても当事者が「主体性をもって語る」ことができる空間を確保しようとするとやはり財源が必要となる。
空間の確保と維持はプロボノだけでは決して続かない。


スポンサーサイト
プロフィール

宮澤正規

Author:宮澤正規

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。