スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筆界特定

平成23年10月26日(水)
法務局による筆界特定制度も5年を経過し制度、運用に関して検討する時期ではないかと思います。境界紛争が内在している土地の筆界が特定されたことによって紛争が解決されたといった事例を残念ながらほとんど聞いたことがありません。しかしそれは当然と言えば当然で筆界特定制度では筆界を筆界特定登記官が示す(特定する)制度であり当初から紛争に関して扱うことを想定していないからです。筆界特定に関しては二人の法務局職員(本局筆界特定室主任調査官・管轄登記所登記官)と筆界調査委員(通常土地家屋調査士委員)が主として担当するわけですが申請書による書面によってまず資料収集(概ねA4で15cm程度)を法務局が行います。その後現地調査を実施するわけですが状況にもよりますがほとんど申請人を含めた関係人の意見を聞くことは無いと言った状況で特定作業は進んでいくわけです。また筆界調査委員である土地家屋調査士に求められていることも筆界の鑑定技術的な面だけであり申請人を含めた関係人の話(主張)に耳を傾けると言った面は要求されていないのが実情だと思います。端的に述べれば筆界特定制度はハード面だけの判断による特定であってそこに話に耳を傾けると言ったソフト面が完全に欠如していると考えています。土地家屋調査士会ADRとの連携も模索されているようですが縦割り的な考えでは連帯も無意味になる可能性が大きいと思います。筆界特定に無い申請人を含めた関係人の話(思い)を聞く場面をつくりADR相談員や調停員を活用していくといったシステム作りが急務だと考えます。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:宮澤正規

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。