スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筆界特定と現地調停

筆界特定制度の中では筆界特定後境界標を一方的に設置することができないと解されている。従って紛争性のある筆界の場合あるいは無い場合でも関係当事者の合意による設置が難しい場面が多々あるように思われる。今回その問題について調査士会ADRが現地調停を行い境界標設置についての合意形成に至るまでの支援をしようという案が検討されている。その際調査士調停員1名が現地に赴き弁護士調停員は「待機型」といったことを考えているようである。いずれにしても早急に検討していく必要があると思う。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:宮澤正規

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。