スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和解合意

平成28年6月10日
平成26年度に調停申立をお受けした事件が先日(平成28年度)和解合意に達することができました。当初はまるで主張が異なっていた両当事者でしたが最終調停期日(同席調停)において、ここ数ヶ月調停員が双方当事者の意見を聞いて何度も修正を加えた和解契約案に合意しました。私もケースマネージャー(事件管理者)として調停室外の部屋で待機していましたが主任調停員の終結宣言を合図に調停室の扉が開かれ両当事者並びに調停員全員が満足げに「ありがとうございました。」と挨拶を交わしている場面を目の当たりにして私も安堵とともに感動いたしました。その後両当事者から私と職員にもお礼の言葉をいただきADRの意義と必要性を改めて再認識しました。センターは同席による自主交渉援助型調停を目指していますが今回はまさに理想どおりの調停であったと感じるとともに当事者の方々を含めて調停関係者全員がひとつのチームとなって和解に向けて助け合い寄り添いながら進めていくことの大切さを学ばせていただいたと思いました。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:宮澤正規

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。