FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公私雑感 ⑨

平成23年10月6日(木)
ホテル的社会空間においては、部屋のドアを開けて一歩外へ出ればそこは「公共」的空間であると認識されていると既に述べた。にもかかわらず今日のホテル化社会形成の中における「プライベート」的概念の移行速度に比較して「パブリック」的概念への移行速度はかなり遅いのではないかと感じている。
その速度の違いが「私たち」的空間領域に適合するように生きてきた「私」(私たちの中に含まれている私)が「プライベート」的空間領域に移行していく過程の中で不安定な状態を生み出しているのではないのだろうか。したがって「私」は「公共」に対して侵蝕とも思える行動を起こすのではないだろうか。
「私たち」的社会と「公共」的社会はやはり根本的に異なるように思う。「私たち」的社会においては、依存的参加によって「私」が守られるといった側面があるが「公共」的社会にあっては自主的な参加が求められると考える。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

宮澤正規

Author:宮澤正規

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。