FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご夫婦と境界

平成23年10月25日(火)
境界に係わる民事に関する紛争について日々携わっていると不思議な状況に接することがしばしばあります。それはご夫婦で相談に来られる方々に感じていることなのですが紛争についてご夫婦共に怒っておられることは希でありどちらか一方が冷静である場合が多いと感じていることです。中には東京在住の方が静岡の土地の境界について数日ご夫婦でホテルに宿泊されながら私の事務所に相談に来られると言ったこともあります。たいてい風呂敷(リュックに詰めて)に一杯の(A4を重ねて数十センチなるほどの書類)資料をお持ちになってお出でになります。中には裁判上の和解をされたにもかかわらずお出でになる方もおられます。不謹慎を承知で述べれば私は大変ほほえましく思います。何故か言えばご夫婦の一方が怒っていて双方が怒っていることが少ないからです。そして意外に当事者(登記名義人)であるご夫婦の一方が怒っていないと言う現実に(相談の中で)よく出会います。ほほえましいとはご夫婦お二人で旅に出かけることの理由づけが境界紛争であるということでありライフワークになっさていることです。ただ紛争の相手方であるはずの隣接地所有者に対しては全くと言っていいほどアクションせずに法務局・市役所・弁護士会・土地家屋調査士会などをお二人で回り相談されて日中を過ごされていることがある意味救いでもあると感じています。私の事務所に来られたお二人が実はお二人で仲良く同じ目的で旅をしたいことが真の目的だと薄々感じていました。境界には人の心がのっかっています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

宮澤正規

Author:宮澤正規

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。