FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相談

平成24年6月11日(月)
土地家屋調査士会ADRにおける「相談業務における相談」の位置づけは、いわゆる「(無料)相談」とは異なる。この点は土地家屋調査士会もADRセンター関係者も十分な理解と運用が必要である。
「相談」には境界について少し尋ねてみたいといったことから既に紛争状態にある一方当事者からの相談もある。いずれにしても民間調停についてほとんど意識しないで「相談」にお出でになる方がほとんどである。つまり民間調停を利用して双方当事者の境界問題に関する何らかの合意目指すことを念頭に置いて「相談」に来られる方はほぼ皆無といって良い状況である。また、土地家屋調査士会の苦情処理委員会あるいは紛議の調停委員会とADRとの混同も多々見受けられる。実際境界問題の多くは土地家屋調査士が筆界調査の測量に携わることによって顕在化することが多く境界問題を引き起こした張本人は土地家屋調査士だといった内容の相談も多々ある。いわゆる土地家屋調査士に対する苦情は土地家屋調査士会の分野ではあるが相談者にとっては苦情処理もADRも同じ土地家屋調査士会にある組織だから同じことである。
もっとも、「相談」と「相談業務における相談」の混同が土地家屋調査士会内部にも有るのだから当然と言えば当然である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

宮澤正規

Author:宮澤正規

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。