FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土地家屋調査士について考える

平成25年3月5日(火)
 平成22年9月15日静岡境界紛争解決センターが全国第78番目(調査士相談センターとしては全国10番目)の法務大臣認証民間調停機関として発足した時から運営に関わらせていただき今年度で2期目を迎えることになりました。センターでは無料相談を定期的に実施しています。その中で必ずしも全ての相談が紛争性のある案件というわけではありません。むしろ土地家屋調査士に対する苦情処理案件が多いのが実情です。
 土地家屋調査士が境界確認業務に入る前まではほとんどの相談者にとって隣接地関係者との土地の境界を意識(認識)するこは生活の中でなかったようです。それらの相談の中から垣間見ることができる調査士の姿を通して期待される調査士像を探ってみたいと思います。
土地家屋調査士の業務の公正さに関しては一般に理解されているといって良いと思います。法令遵守あるいは技術研鑽の面ではマニアックなほど努力していると思います。
戦後の高度成長期の波に乗り調査士は事件数の増加に伴い1件あたりの処理時間の短縮などのコストの削減を図るべく設備投資を初めそれに伴う測量技術の向上に努力してきました。対策としてはアナログからデジタルへ更にIT化へと進めてきたわけです。
ただ、最近は事件数の減少により損益のバランスが微妙になった結果逆にそれらがコストを押し上げる事態も起きている場合もあると思います。
 測量業務に関して言えば不動産登記法改正による登記基準点測量あるいは世界測地系による測量図の作成などによって今までのコスト削減分以上にコスト(人的コスト・設備的コスト・時間的コスト)が掛かってしまっているといった状況が続いていると思います。コスト上昇分を直ちに報酬に転化可能な経済状況であるならばとりたてて悩むことは無いのですが近年の地価の下落傾向に加えて東日本大震災の影響もあって対応が難しい現状だと思います。
 高品質な仕事をしようとするとコストが掛かるのは当然であるわけです。製造業などにおいては「ハイクオリティー・ローコスト!」がお題目のように叫ばれています。そして標準化され大量生産され外注化されコスト削減を徹底的に行っているわけです。土地家屋調査士業務とりわけ不動産登記に係わる測量業務に関しては標準化あるいは裁量化がその本質において困難な業務であります。測量作業の標準化は既に相当部分進んでいると思います。しかしながら、測量業務には境界確認作業すなわち隣接地ならびに関係土地所有者と係わり同意を得る場面が必ずあるわけです。むしろ測量作業よりも境界確認作業の方が業務内容の中では重要な大きなウエイトを占めるといって過言ではないと思います。
 土地家屋調査士は長い間自身ではコスト削減を図っている行為であるとは気付くかないままに境界確認作業の裁量化をしてきました。すなわち境界の専門家である土地家屋調査士が素人である一般の方に代わって境界を探し出してあげるといったイメージでしょうか。従って土地家屋調査士の頭の中だけで境界を探し出し調査士自らが納得するといった奇妙な状況が生まれるのです。所有者並びに関係者にしてみれば境界を探し出すまでのプロセスや関係者に対する十分な説明や事情を聴くこともないままに性急に境界同意を求められるといった気持ちを抱くのも頷けます。
 土地家屋調査士の側から考えれば所有者並びに関係者の事情をいちいち聴いていたのでは作業効率が悪くてなかなか作業が進まないということになるわけです。つまりコストが増大する結果になるわけです。そこで境界確認業務の裁量化が起こるわけです。
 先ほど高品質について触れましたが製造業などにおける高品質と境界確認業務においての高品質はかなり異なるのではないかと思います。
サービス業に分類される土地家屋調査士業における境界確認業務の品質とは何かを問い直す必要があるのではないかと思います。測量技術は調査測量要領などでかなりの部分標準化されています。しかしながら何度も申し上げるように境界確認作業は書式などの標準化(立会証明書・筆界同意書・官民境界申請事務)はなされています。ただ、実質的な境界同意を得るに至るまでのプロセスあるいは方法は当然ではありますが標準化されていません。されていないと言うより標準化出来ないといった方が正確なのかもしれません。しかしながらこの部分こそが境界確認業務における根幹部分とも言えるわけです。この最も大切な部分を調査士は無自覚ではあるにしても疎かにしてきた傾向は否めないと思います。
 調査士は長い間、境界紛争予防に関する実践者として社会的使命を果たしてきたと思います。ただ社会全体がコンセンサス社会のうちは調査士の裁量型作業方法も機能していたわけですが徐々にコンフリクト化していく社会においては個別型作業方法に転換していく必要があると思います。ただ理想の調査士であろうとすればするほどそこには相当のジレンマが顕在化してくると思います。
では相当なジレンマを起こすような境界確認業務における個別型作業の本質は一体何でしょうか。
当然本質に関わるスキルは一つだけではありません。ただ、どうしても大切な一つを上げるとすれば「聴く」というスキルです。
 あれ、そんな簡単なことか。私は「話す」ことは苦手だけれども「聞く」ことなら大の得意さとおっしゃる方は多いと思います。また、さっきは調査士は確認作業で説明が不足していると言ったばかりではないか。すなわち「話す」ことが大切と言ったのに「聞く」が一番とはどういうことだ!と思われた方も多いことと思います。
 よく、口は一つなのに耳は二つもあるのは一言話したら二言聴きなさいということだと言われます。
ちなみに私がお勧めする「きく」は「聞く」でなくて心が入っている「聴く」スキルです。普段の生活の中で会話をするとき「聴く」だけといった状況は希なことだと思います。むしろ普通は「話したい」という欲求の方が強い場合が多いのではないかと思います。「話したい」欲求とはつまり相手に「聴いてもらいたい」という欲求なわけです。
 境界確認作業において調査士は専門家として所有者ならびに関係者に接するわけです。相手は「専門家の話を聞きたい」というよりもまずは「専門家に話を聞いてもらいたい」欲求の方が強いはずです。
病気で医者に接する自分自身を想像してみて下さい。医者がほとんど患者であるあなたの話を聞きもしないで、本当は重大な病気の初期症状にも関わらず「わかったわかった、単純な風邪ですね。風邪薬を出しておきましょう。お大事に。」あるいは「わかったわかった、初期の鬱状態ですね。抗鬱剤を処方しておきましょう。お大事に。」などと言われたらどんな気持ちがするでしょうか。ましてや、たいして話を聞いてもくれずろくな説明もないままに「手術をするから同意書に署名捺印して!」などと言われてせかされたらどのように感じるでしょうか。
 また、相談業務の中では「調査士相談員に図面を見せるな!」と言われています。なぜでしょうか。相談者の話を「聴く」よりも公図や測量図を読み解いた法が楽だからです。そこには調査士の考える境界問題は「事実」の中に存在するものであり「事情」の中に存在するものではないという思いこみがある。従って事実が明らかになれば問題は解決するものだと考える傾向にある。しかしながら問題は事実のうえにあるのではなく当事者の頭の中(心の中・意識・無意識)にあるものである。
「境界の上には関係者の思いが幾重にも絡まっている。」と言われます。つまり「聴く」ことによって関係者の思いを知ってその絡み合った思いをほぐしていく作業が境界確認作業であると思います。それは調査士にとって高品質ではあるがコストの掛かる作業であるわけです。しかし同時に社会全体から考えると境界紛争のコストを下げる作業でもあるわけで社会貢献であるのです。
 調査士のジレンマはここにあるわけで高品質な仕事をしようとするとコストが掛かる。掛かったコストが必ずしも報酬に反映されない。特にわたしが推奨している「話を聴く」ことに対する報酬など料金表にすら無い。また、ときには「過剰品質」とさえ言われることがある。ただ、品質を下げるとその場は良くても事後に専門家責任を追及されたり苦情や紛争が発生したりする。
わたしは調査士が「技術家」から「人の思い」にも関わる専門家(境界問題カウンセラー)として変貌して いくことが今求められているのだと思います。それには人の心に関わることに対する覚悟を畏怖の念とともに持つことが大切だと思います。
(静岡会志太支部研修で話したことを要約しました。)









スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

宮澤正規

Author:宮澤正規

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。