FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白黒雑感

平成26年8月28日
土地の境界紛争の関して「白黒つけること」すなわち訴訟を紛争解決の手段として選択することに異論を述べているつもりは全くありません。
最近では紛争当事者にとって「白黒」は付かないのかも知れませんが「筆界」については法務局筆界特定登記官が主宰する「筆界特定制度」があり、さらに所有権界あるいはそれに付随する民事に関する紛争においては土地家屋調査士会(弁護士会協動)のADR(民間調停)もあるわけです。つまり、最近では紛争当事者にとって様々な選択肢が提供されるようになったということです。従って問題解決を短絡的に「訴訟」に委ねる時代は徐々にではあるが確実に変化しつつあると考えることができると思います。
ADRは「法律の世界」ではなく「人間の世界(ADR)」での解決(和解)を目指すため、裁判と対極にあるわけですが決して「法の世界」から逸脱しているのではなく「法律の世界(裁判)」・「人間の世界(ADR)」ともに改めて述べるまでもなく「法の世界」にあるわけです。その点は誤解のないようご理解願いたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

宮澤正規

Author:宮澤正規

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。