FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ADRと改革

平成27年6月5日
「官から民へ」という改革の使命を帯びたスローガンのもと今日まで様々な「民営化」が行われてきた。古くは国鉄(現在のJR)民営化・電信電話公社(現在のNTT)民営化等、近頃では郵政民営化等が断行された。今ではいわゆる国立大学も「国立大学法人」と形式的には民営化(法人化)された。土地家屋調査士会などについても「特殊法人」に対するバッシングを経て「法律に基づく法人」という認識に変化した。
最近と言っても既に10年ほど経過しているわけだがある意味「司法の民営化」もじわじわと進行している。ADR(裁判外紛争解決)制度は、裁判所の調停委員会あるいは裁判所の紛争解決手続きの民営化の一環だと考えている。ところで、司法の民営化の中で以外と知られていない分野に「刑務所の民営化」がある。この頃になって議論されているが受刑者は個室が与えられ、外気を取り入れる目的で窓を開けることが可能で結構快適である言う(体験していないので実際快適かどうかは定かではないが、少なくとも監獄あるいは牢屋のイメージよりは人権に配慮しているように思われる。)。議論は、快適であることへの批判であると思うが「囚人」であることに変わりない。拘束されている囚人に対して今よりももっと環境も劣悪にした方が良いとの議論はいかがなものだろうか。
様々な「司法改革」の中で最も評価すべきは我が国にADRを導入したことだろうと考える。それまでは紛争について話し合うことのできる場所は、裁判所の中にある調停手続き以外に存在していなかった。しかも、裁判所の調停は決して民主的(民間的)ではあり得ない宿命を帯びた制度である。なぜなら調停の行われる場所が既に裁判所という公の場所であり、仮に調停委員が民間人であっても裁判官が関与していて当事者が和解した場合執行力がある和解調書の謄本が交付される。言い過ぎかもしれないが「二流の裁判」そのものとしか考えることができない。
その意味に於いてはADRの民間調停は、「権威権力におまかせ依存」といった考え方から「私的自治に基づく自立(自主交渉)・参加」を支援する空間を提供することに重点をおいています。今までの「民事訴訟・調停」とは全く異なるベクトルを持つステージとしての存在価値を有し、また「紛争解決」の「民営化(私的自治)」を支援していく大切な空間である。この我々民間人にとって大切な空間を一層広げていくことが必要であると考えます。ADRに携わる者としてその覚悟と自覚をもって今後ともADRを推進して行きたいと考える。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

宮澤正規

Author:宮澤正規

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。